• ホーム
  • クラミジアは市販薬で治せる?

クラミジアは市販薬で治せる?

2020年02月25日

性器・咽頭クラミジアは日本国内では若い世代の男女に感染者・患者数が非常に多く、ポピュラーな感染症のひとつです。クラミジアは完治した後も再び感染して再発する場合があるので、性的に活発な人であれば何度も感染して発症するというケースも珍しくありません。中には病院や性病クリニックを受診せずに、自分で市販薬を購入して治療をしたいと思っている人もいるでしょう。

性器・咽頭クラミジアを完治させるためには、抗生物質を服用する必要があります。ジスロマックや他のクラミジア治療薬(抗菌薬)はすべて医療用医薬品に指定されているので、医師の処方箋がないと購入することができません。抗菌薬は一般向けの薬局で販売されていないため、市販薬でクラミジアを治すことは無理です。市販の消炎鎮痛剤を服用して症状が収まったように見えたとしても、病原体に感染した状態が続きます。日本国内では抗生物質を含む治療薬は処方箋なしでは購入できないので、完治させるためには病院に行って薬を処方してもらわなければなりません。

薬局で販売されている市販薬だけで完治させることは無理ですが、ネット通販サイトを利用して海外からジスロマックなどの抗菌薬を個人輸入する方法があります。医薬品の個人輸入代行サービスを行う会社の通販サイトを利用すれば、医師の処方箋なしで抗菌薬などの医療用医薬品を入手することが可能です。

処方箋なしでクラミジア治療薬を入手する方法ですが、インターネットで医薬品の輸入代行サービスを行う会社の通販サイトにアクセスします。抗菌薬の中からアジスロマイシンやクラリスロマイシン・ミノサイクリンなどを選んでカートに入れて、代金の支払い手続きをして配達先(自宅住所)の登録をすれば完了です。注文してから、1週間~10日ほどで自宅に商品が配達されます。処方箋薬を個人輸入して治療する場合は健康保険が適応されないので全額自己負担になりますが、安価なジェネリック医薬品を選べば薬代が節約できます。インターネットを利用して処方箋薬を入手すれば、病気のことを誰にも知られずに治療をすることができるというメリットもあります。

クラミジアに感染してしまうと、自然治癒や市販薬だけで完治させることはできません。完治させるためには、医療用医薬品(処方箋薬)に指定されている抗菌薬を服用する必要があります。性器クラミジアに感染して放置すると重症化して不妊症になったり命を失う危険があるので、早めに病院や性病クリニックなどを受診して治療をしなければなりません。重症化すると入院治療が必要になるので、費用面で大きな負担がかかります。

医療機関を利用せずにクラミジアを治したい場合は、通販サイトを利用して海外から抗菌薬を個人輸入して自分で服用する方法があります。日本語サイトが用意されているので簡単に薬を購入することができますし、服用方法や注意点が日本語で記されているので自分で治療をしたい人におすすめです。